どのようなものなのか

精密機械加工ではどのような機械が用いられるのかというと、研削盤というものを使います。高精度の金型なら精度の高いパーツを作り出すことができ、車などもスムーズな走行が可能になります。

Read more »

部品のことなら精密機械加工専門業者に依頼しましょう。コチラではお客様の要望に合わせてすぐに対応をしてくれます。

選ぶ基準

ディスペンサーと言っても、いろいろな種類があります。ドリンクディスペンサー、キャッシュディスペンサー、シャンプーディスペンサーなどがあります。ちなみにアメリカで開発されました。

Read more »

日々進化している

日本には数多くの歯科医院があります。最先端の歯科医療設備を導入する歯医者が増えているため、治療時間や費用の軽減や健康な歯を失うリスクを抑えることに成功しています。

Read more »


岩下エンジニアの動向

サイトではマイクロバブルに関する新着情報を調べることができるようになっています。プロに依頼することでコストカットを実現してくれるでしょう。

特許技術を使用したオイルスキマーをゲットしよう。高品質のアイテムを製造している業者はコチラでチェックすると良いですよ。

ディスペンサーとは、液体を決まった量を出してくれる装置です。また、液体を精度良く一定量に供給するコントローラーや周辺装置の事を言います。ディスペンサーは、アメリカにある会社である『ノードソン(EFD)』昔は『EFD社』で開発されました。日本に輸入されたのは、1972年で「岩下エンジニアリング」が販売を開始しました。現在では「EFD社」に続き日本側からディスペンサーを輸出しています。この商品はエレクトロニクス分野だけではなく、次のような分野にも普及されています。医療・検査業界では製薬作業の際の分注作業に化粧品業界では、研究開発の実験のための多品種液体の吐出に、衛生機器業界では脱臭洗浄薬剤を便器に出す役割も担っています。

日本にディスペンサーを輸入した第一人者の岩下エンジニア株式会社では、生産のニーズに合わせたディスペンス技術を活用し、製造の自動化装置・省力化装置の開発を行っています。これまでの貧しい国々では塗布の作業をディスペンサーを使用し自動化して生産の効率や品質の向上に努めることもできます。この技術によって、世界から評価されるようになりました。ヘイシンマルチラッピングシステムでは「液体を液体で同時に包み込む」というシステムも存在しており、多層製品が1度に完成するので食品や医療、化粧品業界でも製造の短縮につながっています。このようにディスペンサーの技術は自動車業界、医療業界の分野にも更に活用できることが考えられます。



オススメリンク