どのようなものなのか

研削盤は、多くの量を削るのには適していませんが、少ない量を削って高精度な製品を作るときに向いています。円筒状の形状を作り出すための円筒研削盤や、角ばった形状を作り出す平面研削盤があります。 円筒状の形状を作り出すときは外側と内側を削る必要があります。内側を削るには内面研削盤というものがあります。それぞれの機械を使い分けて金属を仕上げることが出来るのです。精密機械加工によって創りだされる製品は高精度であります。なぜそこまでの高精度な製品が必要なのかというと、それは車のパーツを作るときに利用される金型が関係しているのです。

高精度な金型がなぜ求められるのかというと、それによって作り出されるパーツが関係しています。車は精度の高いパーツを使えば使うほど動きにロスがなくなりますから、無駄の無い走行をすることが可能になります。歯車一つとっても100分の1ミリメートルの誤差があるものと1000分の1ミリメートルしか誤差がないものでは価値が違ってきます。日本の車は世界一と呼ばれる所以はここに関係しているのです。日本は世界で一番多くの車を輸出しているのです。日本は車を多く輸入していますが、それ以上に輸出も多いのです。精密機械加工があるから日本車は高性能になったのです。精密機械加工は日本の輸出産業を支えていると言えます。あまりに日本車が安くて高性能なので貿易摩擦が発生したこともあります。