日々進化している

日本の歯科医院では、最先端の歯科医療設備を導入する動きが広がっています。セレックシステムは、3Dカメラで患者さんの歯を撮影し、撮影した画像を基に、義歯や詰め物などの技工物を制作します。従来の治療法のように、歯型を取ることを必要とせず、コンピュータだけで、技工物を制作することができます。 セレックシステムは、ドイツで誕生した歯科医療機器です。誕生してから20年の実績があり、全世界で1000万件以上の症例があります。欧米の歯科医院では、セレックシステムの導入が日本よりも進んでいます。 セレックシステムは、セラミックブロックを使って技工物の制作を行います。セレックシステムで制作した技工物は、天然の歯と同程度の強度があります。

歯科医療の現場では、最先端の歯科医療機器を導入することによって、治療時間の短縮につながっています。セレックシステムを導入すると、石膏を使って、歯型を作る作業が不要になります。それによって、技工物の制作の時間を大幅に短縮することが可能になります。 セレックシステムを導入すると、患者さんは、歯型を取る時の苦痛から解放できます。セレックシステムによって作られた技工物は、とても強度が強いため、自分の歯と同じ感覚で、固いものでも噛むことができます。 セレックシステムで制作された義歯は、審美歯科でも使われているセラミッククラウンです。セラミッククラウンは審美性にとても優れており、美しい真っ白な歯にすることができます。